代表より皆様へ・企業情報

株式会社エスマート 代表取締役社長 川木光義

トップメッセージ

エスマートとの出会い
株式会社エスマート
代表取締役社長 川木光義

遊びに熱中した学生時代

遊びに熱中した学生時代

高校時代は友人と夜の砂丘へ行っては、イタズラをしていました(笑)。
当時は、父親の強い意向もあって歯科医を目指していました。知人から関西大学への受験を勧められたのですが、大阪万博の影響もあり、倍率が跳ね上がってしまって不合格でした。決して順風満帆ではなかったですが、その後、東京に進学することが決まりました。
東京でも遊びに熱中しました。同期と大久保の町を走り回ってはヤンチャしていた(笑)もちろん、警察のお世話にはならない程度にね(笑)。

銀行員から突然の転身

銀行員から突然の転身

学生時代は麻雀が得意で、『あいつは計算が速い』と言われて、調子に乗って銀行の試験を受けて入りました。
最初の配属先は大阪でした。

社員寮での生活がスタートしたのですが、大阪に支店があることすら知らなかったし、寮生活も大変でした。先輩には、その日起きたミスを延々と責められました。洗濯機を使う順番さえも年功序列で決まっていたり、就職してからは、とにかく早く寮を抜け出せないかとばかり考えていました。

結婚を機に、24歳で寮を出ました。仕事では、窓口、渉外、融資、審査と、順調にキャリアを重ねていき、現職であるスーパーマーケット関連の用語は、営業のときに耳にする程度でした。
そして銀行で無事定年を迎え、現在の会社の前身(株)シバタへ出向し、その後(株)エスマートへ入社しました。

転機が訪れたのは、ある会議に参加した際、移動車でエスマートの親会社である株式会社マルイの松田社長らと一緒になりました。そこで社長交代の話を持ちかけられて・・・。そのときは冗談だと思っていたんだけど(笑)翌朝、松田社長を訪ねると『昨日の話、覚えとるか!』と開口一番告げられたので、腹を決めました。

私の様に外部から招聘されるケースは珍しいそうです。挨拶回りなどで引継ぎに時間を割けないまま、3か月後の3月には社長に就任しました。

大勢の前での挨拶は、未だに苦手です。

スーパーマーケットの面白み

スーパーマーケットの面白み

「お客さんは当然『より良いものをより安く』手に入れたいと考えている。『どうしたら良いものを安く仕入れられるか』を考えることが私たちの仕事です。」

「売り方だって工夫しないといけない。『どうしたら売れるのか』を考えることが大切。商品の見せ方とかね。それ次第で売り上げも変わるから。」

魚も種類によって陳列の仕方を変えます。販売の工夫から得られる顧客の反応(売上)が、スーパーマーケットでの仕事の醍醐味です。

県外から参入してくる大手スーパーチェーンも増えるなか、地域に根差したスーパーとして、プライドをもって仕事に取り組んでいます。

近隣でとれる食料品を中心に販売しています。地域を活性化させるには、地産地消はもとより、お金が地域の中で循環することが大切です。

新たな試みとして、高齢の買い物難民を対象にした、移動型スーパー『とくし丸』を始めました。鳥取県警と連携し、地域の見守り隊の機能も担い、また高齢者を狙う『振り込め詐欺』などの犯罪防止にも期待できます。

地域を支える人材育成

なるべく売り場に顔を出すよう心掛けているので、社員との距離は近いと思っています。

持っているノウハウを若手にどんどん伝えたいんだけど、言葉にするのが難しいですね。マニュアルをつくって指導することも考えたが、ある想いからやめました。

マニュアルにすると読まなくなるし、何も学ぼうとしなくなるでしょ。それよりもまず社員ひとりひとりが『どうしたら売れるか』を考えるように導いていくこと、考えてトライして失敗を積み重ねていく段階が大切だと思っています。

仕事ではなく作業をしている人が多いように思います。『自分で考えずに言われたことをこなしている』ように見えます。

自分なりの意図を持って、ひとつひとつの『仕事』をしてもらいたい。
前の人を追い越すんだ!という気概を持ってくれたら、よりうれしいですね。

私株式会社エスマートは、
鳥取県・岡山県でスーパーマーケットを
展開しています。
『より良いものをより安く』を
モットーに、
地域社会の一員として、
地域社会に奉仕する企業を
目指しています。

企業情報

会社名 株式会社エスマート
資本金 5,000,000円
従業員数 547人(内パート352人) 平成27年8月現在
事業内容 食品・日用雑貨を中心としたスーパーマーケットチェーン ・惣菜の商品製造
沿革
平成18年9月
(株)シバタから営業譲渡を受ける
平成20年2月
倉吉市にめいりん店開設
平成21年4月
つのい店を開設
平成22年6月
津山市に上河原店開設
平成22年11月
津山市に河辺店開設
平成25年1月
湖山店をリニューアル
平成25年5月
津山市に院庄店開設
平成25年6月
浜村店を開設
平成25年7月
徳尾店を開設
平成29年2月
吉成店をリニューアル
平成29年4月
田園町店を開設
平成30年4月
とくし丸事業開設
平成30年12月
湯所店を田園町店との統合の為閉設
令和1年7月
津山市の上河原店を閉設
令和1年9月
津山市の院庄店を閉設
令和1年10月
倉吉市のめいりん店を閉設
令和1年11月
倉吉市に打吹店を開設
令和1年12月
鳥取南IC店を開設
代表者 代表取締役社長 川木光義
事業所

【本部】

〒680-0941 鳥取市湖山町北3丁目303
電話番号:0857-28-3721

【食品研究所】

〒680-0941 鳥取市湖山町北3丁目301
電話番号:0857-28-5639

【鳥取市 店舗】 11店舗

湖山店、川端店、末広店、緑町店、桜谷店、吉成店、つのい店、 浜村店、徳尾店、田園町店、鳥取南IC店

【倉吉市 店舗】 1店舗

打吹店

【津山市 店舗】 1店舗

河辺店

Webサイト https://www.smart-ds.com/
関連会社 株式会社マルイ